ソーシャルアパートメントとシェアハウスの比較

若い方にとってはオシャレなライフスタイルとして定着しつつあるシェアハウスですが、間取りなどによってはプライバシーなどがしっかりと守られていないといった問題点があります。その為、シェアハウスの良さはそのままで、よりプライバシーをしっかりと確保する事ができるように改善された物がソーシャルアパートメントになります。

またシェアハウスに入るのを懸念する方の多くが、入居している人と合わなかったらどうしようと言う事です。人間ですから相性などもありますので、人間同士が合わないような事も考えられます。シェアハウスが大体10人くらいで生活します。人数が多すぎるわけでもないので、適度な距離感で一緒に暮らすことができるでしょう。ソーシャルアパートメントの場合には、30人から100人くらいで生活をしています。全員と関わることもないので、1人や2人くらい相性が悪いかたがいたとしてもあまり関係ありません。むしろ100人の中で2人から3人くらい仲の良い方が出来れば上手に生活して行く事ができます。

シェアハウスにはない生活を送る事ができるのが、ソーシャルアパートメントになります。シェアハウスと比べてまだまだ認知度は少ないですが、最新のライフスタイルを体験できるとあって人気も上々です。

Pocket