設備と賃料

シェアハウスとソーシャルアパートメントを比較する時に最もわかりやすいのが設備や家賃です。設備に関しては、シェアハウスの場合には、ワンルームなど使用されるレベルのキッチンやバス、シャワーブース、トイレを完備している所が多いのですが、ソーシャルアパートメントの場合には、キッチンはそれこそ料理教室にあるような多人数で使用する事を目的に作られている物も多く、トイレやバスに関しては、各部屋についている物件が多くあります。普通の賃貸にプラスでラウンジなどが付いているようなイメージになります。

そのためソーシャルアパートメントの賃料は、シェアハウスよりもかなり高額になっておりますし、一般的な賃貸物件の賃料と同程度かそれ以上の賃料の所も増えてきました。東京近郊で、一般的な賃貸物件が約5万から7万円くらいのエリアの場合には、シェアハウスですと3万円から5万円が相場になっておりますが、ソーシャルアパートメントの場合には、8万円から10万円程度の相場になっておりますので、やはり割高な感じは否めません。しかし、この割高の物件は、築年数が少なかったり、駅からかなり近いようなケースが殆どで駅から徒歩20分の距離などの物件なら、一般的な賃料でも入ることができる所もあります。

このようにソーシャルアパートメントとシェアハウスにはメリット・デメリットがあります。これから暮らしていく上で家賃は大きなものとなるので、ソーシャルアパートメントとシェアハウスを十分に比較し、自分に合ったライフスタイルを選んでください。

関連HP_http://www.e-guesthouse.com
シェアハウス情報サイト≪DK HOUSE≫です。

ソーシャルアパートメントとシェアハウスの比較

若い方にとってはオシャレなライフスタイルとして定着しつつあるシェアハウスですが、間取りなどによってはプライバシーなどがしっかりと守られていないといった問題点があります。その為、シェアハウスの良さはそのままで、よりプライバシーをしっかりと確保する事ができるように改善された物がソーシャルアパートメントになります。

またシェアハウスに入るのを懸念する方の多くが、入居している人と合わなかったらどうしようと言う事です。人間ですから相性などもありますので、人間同士が合わないような事も考えられます。シェアハウスが大体10人くらいで生活します。人数が多すぎるわけでもないので、適度な距離感で一緒に暮らすことができるでしょう。ソーシャルアパートメントの場合には、30人から100人くらいで生活をしています。全員と関わることもないので、1人や2人くらい相性が悪いかたがいたとしてもあまり関係ありません。むしろ100人の中で2人から3人くらい仲の良い方が出来れば上手に生活して行く事ができます。

シェアハウスにはない生活を送る事ができるのが、ソーシャルアパートメントになります。シェアハウスと比べてまだまだ認知度は少ないですが、最新のライフスタイルを体験できるとあって人気も上々です。

ソーシャルアパートメントとは

最近人気のシェアハウスよりのマイナスポイントを解消したソーシャルアパートメントが若い方を中心にブームになっております。日本人にはプライバシーを重視する生き方が沁み込んでいますので、プライバシーの確保が難しいシェアハウスで生活するのが難しいといった意見を持っている方も大勢いました。シェアハウスは楽しそうだけど、もっと自分の時間や空間などをしっかりと確保して生活したいという方も多く、シェアハウスの路用に二の足を踏んでいる方もいました。そこに目を付けた会社が、生活の基盤となる一人になる事ができる部屋は、一般的なマンション並に確保した上で、入居者同士が集うラグジュアリー空間を設けることによって、コミュニケーションを楽しむ事ができるようなコンセプトで作られたのがソーシャルアパートメントになります。

ソーシャルアパートメントは、1LDK、1DKなど普通にその部屋だけでも生活する事ができる空間を確保しつつ、みんなで集まる事ができる広間のラウンジを広々と確保しておりますので、住んでいる方同士の交流が自然な形で確保する事ができるようになっております。シェアハウスのように狭い空間を共有している訳ではないので、大人の方でもゆったりと生活する事ができると話題になっております。そこでこちらのページでは、これまでソーシャルアパートメントを知らなかった方や、これからソーシャルアパートメントを探そうと思っている方の為に、認知度の高いシェアハウスを比較しながらソーシャルアパートメントをご紹介します。